出会い系サイトの初会いの女性をポルチオ開発する時の流れ

色々と勉強になるハッピーメールの体験談を見つけました。女性を喜ばせるテクニックを持っている男性ってこんな感じでやってるんですね。そしてその快楽が忘れられず女性の方から「また会いたい」って言ってくるというような関係って、男性としては理想ですよね。

≪東京都在住の42歳男性≫
出会い系を使って女性と会う時、いつも女体開発をすることにしているんです。それが初めて会う女性であっても。初めて場合、なるべくお泊まりか、朝から夕方までのサービスタイムなどを使った長時間の開発を約束してもらっています。2~3時間くらいの短時間だと、女性が初めて会った緊張感から抜け出すことができないまま、もしくはやっと緊張が解け始めたような所で終わってしまうんですよね。

女性が本当の意味での快楽を得るためには、リラックスするということが絶対に必要条件ですからね。いくら感じやすい女性であっても、緊張していては本当の快楽にまで至ることはできません。お泊まりの時は、ホテルの前にお洒落なバーでお酒を飲んだり、美味しいディナーを共にしてから入るようにしています。それだけでその後の充実度が全く違ってきますから。朝やお昼からホテルに行く時には、お酒を買い込んでからホテルに行き、乾杯してゆっくりお話するところからスタートします。お酒の力というのは本当に大きいんですよね。

女性の気分が少し開放的になってくると、セックス体験や性の悩みなどを詳しく聞き出し、その女性の性経験値を探る事になります。「そうか。じゃあこんな愛撫のタッチは苦手?」など聞いたりしながら、フェザータッチやアダムタッチ、リンパマッサージタッチで少しずつ女性の服を脱がせながら身体を触っていくんです。少しずつ少しずつ体にタッチしながら、時間をかけて全部の服を脱がせます。そして全部脱がせたところで一緒にシャワーに入ります。お風呂場では、ボディソープを私の手につけて直接女性の身体を洗います。乳首や膣、クリトリスやアナルなどの敏感でデリケートな部位は触らずに自分で洗ってもらうようにします。

シャワーの段階では感じるという事は重視しません。触ることに慣れてもらうという点を重視します。そしてシャワーをあがってから、またここで軽く乾杯します。ゆっくりお喋りしながら女性の身体にタッチする回数を増やしていきます。ここからはその時の状況や、相手の希望に応じてパターンを変えていきます。キスをするパターンと、しないパターン。ローションを使って全身マッサージするパターンと、ローションは使用せずに全身愛撫するパターン。どのパターンを選択するにせよ、まずはクリトリスで一回イってもらいます。そして一回イかせかた後、ローションを使うこともありますし、ローターを使う事もあります。また何も使わない時もあります。

クリでイってもらう前に膣の中を一通り指でマッサージします。膣が十分に濡れていない時はローションを使います。クリで一回イクと、ポルチオが立ち上がるので、ポルチオを指でマッサージします。ポルチオを今まで一回も触られたことのない女性のほとんどは驚きの声をあげることになります。ポルチオを指でマッサージした後は、いよいよ挿入してちん○でポルチオをマッサージすることになります。今まで体験したことのないような強烈な快感が、まだまだ自分の身体に眠っていることを確信する瞬間となるわけですね。

ただ、ポルチオ未開発の女性がポルチオをちん○で強く突かれると痛いときもあるので注意が必要になります。ポルチオイキしたことのない女性が、いきなりポルチオイキ出来てしまうということは確率的には低いですね。だいたい30分くらい挿入によるポルチオマッサージを味わってもらい、こちらが射精出来ても出来なくても、そのタイミングで中断して休憩することにしています。強烈な快楽を味わった後なので、そのままお眠ってしまう女性が多いですね。ぐっすりと眠って、そして二時間くらい経つと目を覚ますという事が多いです。

「ポルチオってどうだった?」などと先ほどのプレイの感想などを聞きながら女性の身体をまた触っていきます。セックスした後にぐっすりと眠ると、女性の身体は完全リラックス状態になっているので、すぐに濡れ濡れになるんです。一回目よりも遥かに感じやすい身体になっているのです。そしてまたちん○でポルチオを突きます。一回目とは喘ぎ声の大きさや身体のヨガリ具合も格段に違っているのが手に取るように分かります。この二回目のセックスが大切なんですよね。本当に大きな快楽を味わうことになるので、女性のほうから「また会いたい」と連絡してくる事が多いですから。

そしてイキやすい女性はこの段階で早くも初のポルチオイキに成功します出来てしまいます。まるで動物の雌のような叫び声をあげながら、手足をバタバタさせて激しくイきます。「イキ狂う」という表現のほうが正しいかもしれませんね。「こんなの本当に初めて。信じられないくらいの気持ちよさ。女に生まれてよかったわ。」などと涙を流す女性もいるくらいですからね。こんな言葉を言ってもらうと、男としては一番嬉しい、そして幸せな瞬間となります。たぶん射精の快感の十倍以上は気持ちいいんでしょうね。男には絶対に分からないことですが。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ